リビオレゾン浅草

資産形成としてのマンション購入

Image Photo

マンションを購入する際、気になるお金や資産性のこと。
さまざまな疑問にお答えします。

国際都市・浅草の未来
Q01 老後のお金が不安 Q02 月々の支払いが不安 Q03 ライフステージが変わったら? Q04 もしもの時はどうする?

国際都市・浅草の未来

野中 清志氏

住宅コンサルタント

野中 清志氏

株式会社オフィス野中 代表取締役
宅地建物取引士 /
日本不動産ジャーナリスト会議会員/
日本不動産学会会員

大手マンションデベロッパーにて執行役員を歴任。2003年、株式会社オフィス野中を設立。年間 100本近いセミナーなど、マンション購入に関する講演・執筆等多数。実需・投資ともに20年以上の経験を活かしたユーザーサイドに立った厳しいマンション選択眼によって多くの支持を得ている。

なぜ台東区・浅草の
コンパクトマンションが
人気なのか

「リビオレゾン浅草」は1LDK30m²台や2LDK42m²台など、いわゆるコンパクトマンションがメインとなっています。単身者の方にも最適ですが、同じ単身者向けマンションでも賃貸用のワンルームマンションとは違い分譲タイプですので建物の作りや仕様などもグレードが高くなっています。
現在は低金利の住宅ローンも利用できますので、マンションを借りる場合の家賃よりも少ないローン返済額で住む事も可能ですので、単身世帯や若い夫婦の世帯でもマンションを借りるのではなく購入する方も増えています。
マンションを購入すれば、ローン返済終了後は自分のものとなりますので、売却したり賃貸したりできる資産が形成できる事になります。
しかしどんなマンションでも将来資産になる訳ではありません。「リビオレゾン浅草」の資産性について見てみましょう。

1.東京の人口は増加傾向に

マンションの資産価値を考える上で、人口の動向が重要となってきます。人口の増加するエリアには住宅需要も多く、住宅の資産価値が落ちづらいからです。
全国的には人口は減少傾向にありますが、東京都の人口は他の道府県と比べて大きく増加している事が特徴です。こうした背景から東京の地価も上昇傾向にあります。
つまり東京の不動産の資産価値は将来的にも下がりづらいという事が言えます。

東京都の転入超過人口
総務省「住民基本台帳人口移動報告」2019年結果
<総務省「住民基本台帳人口移動報告」2019年結果>
公示地価:東京都の地価動向
国土交通省「令和2年地価公示」
<国土交通省「令和2年地価公示」>
台東区の人口の推移
台東区「住民基本台帳による町丁名別世帯人口数」
<台東区「住民基本台帳による町丁名別世帯人口数」>
2.台東区の人口、単身世帯は
将来も増加に

「リビオレゾン浅草」のある「台東区」では世帯数・人口ともに増加傾向にあります。
さらに台東区ではコンパクトマンションの主な居住者となる「単身世帯」の割合が半数以上の56.3%となり、コンパクトマンションの需要も非常に多い事が分かります。
東京都の予測によると台東区は将来的にも単身世帯が増加傾向にあり、のコンパクトマンションは需要も維持される事が分かります。

column

台東区は地価上昇率で
都内トップ。

台東区は2019年の公示地価上昇率が23区で第1位となる10.6%を記録。
都内トップの水準を誇っています。

  • エリア別公示地価上昇率ランキング

出典:東京都財務局webサイト「令和元年東京都基準地価格」(令和元年9月20日現在)
※ 上記数字は小数点第2以下の四捨五入によるもの 。 同じ変動率で順位が異なるのは 、小数点第2以下の数値によるもの。

  • エリア別公示地価上昇率ランキング

浅草は一人暮らし注目のエリア。

浅草は過去10年で単身世帯が急増。23区内の他の街と比べても増加率が多く、一人暮らし世帯に人気の街となっています。

中央区・港区・千代田区・台東区の単身世帯増加数
※データ出典:国勢調査(2005年〜2015年の世帯増加数を算出)