外観完成予想CG

外観完成予想CG

外観完成予想CG

外観完成予想CG

名作は、受け継がれる。

次代へ継ぐ「砺美の邸」。

日本古来の建築美を纏いながら、
次世代の邸宅像を追究した設計・デザイン。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

外観完成予想CG

外観完成予想CG

浜田山に相応しい「砺美の邸」を
コンセプトに掲げた外観意匠。

極限まで美しさを研ぎ澄まし、磨き上げる。日本建築に宿る輪郭の繊細さや、細部に込められた美の概念には、この「研ぐ」という意識が深く関係しています。本邸のコンセプトに掲げた「砺美(れいび)」という概念もまた、一意に住まいを磨き上げていく設計思想を表したもの。浜田山の地に相応しい、永く住み継がれる邸宅をお贈りします。

Image Photo

Image Photo

曇りなく磨き上げられた日本刀に表されるような、鋭敏にして繊細に研ぎ澄まされた造形美を感じさせる外観意匠。

Image Photo

Image Photo

古来から伝わる技法や和の意匠を採り入れながらモダンな洗練を纏う、伝統と先進性が融合する空間デザイン。

Image Photo

Image Photo

普遍的な美しさを表出させるシンプルな造形と、一つひとつを吟味して用いた素材が放つディテールの美質。

外観完成予想CG外観完成予想CG

外観完成予想CG

外観完成予想CG

外観完成予想CG

「庭屋一如」の思想を込めた
次代へ継ぐ低層邸宅。

古来より日本では、生活空間の中に自然を象徴的に取り込み、ウチとソトが緩やかにつながる境界のない空間を理想の一つとしています。グランリビオ浜田山は、住まいのどこからでも風景を愉しめるように、中庭を中心に住棟を配置。邸宅と庭、その二つの空間が融け合い調和することで、いつもそばに自然を感じていられる潤い豊かな暮らしをかなえます。

中庭完成予想CG中庭完成予想CG

中庭完成予想CG

景継の庭。

この地の歴史が宿った風景や情趣や気配までも受け継ぐ ために、多様な既存樹を残してデザインされた中庭。「庭屋一如」の思想のもと、巡る季節さえ邸宅に欠かせないエッセンスとして捉えて、時を経るごとに美しく深みを増す空間を創り上げました。

□ 高木を中心にしたアウターラウンジ
すいのテラス
A翠のテラス
翠は夏の木の葉や草の色。古くは緑色から青色にいたる範囲の色を指し、新緑を意味することも。緑がきらめく憩いの場として。
□ パーゴラの下のアウターラウンジ
ゆいのパーゴラ
B結のパーゴラ
ひととき、同じ時間、空間を共有しながら過ごすパーゴラ下のラウンジを人をつなぎ縁を結ぶ結縁の場としてイメージ。
□ 枕木の遊歩道
そうのこみち
C蒼の小径
蒼青とした空の下を歩く心地いい小径。浜田山の原風景を想起させる緑景の中の遊歩道として。
敷地配置イラスト 敷地配置イラスト
□ 高木を中心にしたアウターラウンジ
すいのテラス
A翠のテラス
翠は夏の木の葉や草の色。古くは緑色から青色にいたる範囲の色を指し、新緑を意味することも。緑がきらめく憩いの場として。
□ パーゴラの下のアウターラウンジ
ゆいのパーゴラ
B結のパーゴラ
ひととき、同じ時間、空間を共有しながら過ごすパーゴラ下のラウンジを人をつなぎ縁を結ぶ結縁の場としてイメージ。
敷地配置イラスト 敷地配置イラスト
□ 枕木の遊歩道
そうのこみち
C蒼の小径
蒼青とした空の下を歩く心地いい小径。浜田山の原風景を想起させる緑景の中の遊歩道として。
バードパス
鳥が水を飲んだり、浴びたりできるようバードパスを設置。
一年中安定的に水を供給するバードパスは、小さな生態系を作る手助けにもなります。
image photo image photo
鳥の巣箱
鳥にとっての「巣」とは、「卵や幼いヒナが移動できないために、一時的に設けている場所や空間」です。ゆりかごやベビーカーのような場所を提供してあげることで、この地に生息する鳥たちとの共存を育みます。
image photo image photo
レポートページレポートページ
ラウンジ完成予想CGラウンジ完成予想CG

ラウンジ完成予想CG

Image Photo

Image Photo

次世代の邸宅思想を宿す、
4つの認証。

武蔵野の自然を護り継いできた
浜田山の地に相応しい、4つの認証を取得しました。

分譲マンション※12つの環境認証を同時取得。
生物多様性保全に配慮した ABINC認証
ABINC認証
生き物との共生を考えた邸宅
いきものと人が共生できるしくみを創造し、科学 的・技術的に検証の上、事業化推進を目的とする 「一般社団法人いきもの共生事業推進協議会」 が、生物多様性の保全を目標に、環境づくりや維持管理、地域とのコミュニケーションについて評価した物件に与えられるものです。本邸宅では鳥の巣箱、バードバス、エコスタッグなどを設け、この地に生息する鳥たちとの共存を育みます。
緑の取り組みを評価する SEGES認定制度
SEGES認定制度
緑をつくり出し、
良好に維持する邸宅
企業等によって創出された良好な緑地と日頃の活動、取り組みを評価し、社会・環境に貢献している、良好に維持されている緑地であると認定する制度です。こうした第三者認定はステークホルダーの信頼、共感、期待感を向上させる手段と なります。本邸宅では敷地に受け継がれた既存樹を活かし、多数の高木から低木までを配置した植栽計画としています。
杉並区※2ZEHと認定低炭素住宅を同時取得。
快適性と省エネを両立する ZEH-M Oriented
ZEH-MZEH-M
ZEH-M
家計にも環 境にも優しい邸宅
ZEH-M Orientedとは、断熱性能の向上、効率的な設備等の導入により、大幅な省エネを実現し、共用部を含むマンション全体での一次エネルギー消費量※3を20%以上削減したマンションです。省エネ法に定める省エネ基準に対し、一次エネルギー消費量を10%以上削減、加えて複数の低炭素化対策を行い、「低酸素建築物」に認定されています。
地球環境に配慮する 認定低炭素住宅
認定低炭素住宅とは?
日常生活の中で発生する二酸化炭素を抑制するための対策が取られた住宅です。地球環境に配慮するだけでなく、税制優遇や様々な融資の対象にもなります。
認定低炭素住宅とは?

敷地面積約5,000㎡超、
この地の既存樹木を残した
緑豊かなランドプラン。

敷配イラスト
エントランス
エントランスホール
ラウンジ
中庭
歩道状空地
シャッターゲート
駐車場

住棟の中心に中庭を配することにより、ゆったりとした空の広がりや風景の奥行を感じられるランドプランを実現。さらに既存樹をはじめとした高・中木から、四季折々の表情を見せてくれる低木、花々などを織り交ぜて、一年を通して鮮やかな色彩を愉しめる植栽を施しました。

植栽
レポートページレポートページ

※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描いたもので、形状、色等は実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。なお、外観形状の細部、設備機器、電線等は表現しておりません。また敷地外の電柱、標識等の表現を簡略化しています。植栽は特定の季節、時期を示すものではありません。竣工時に完成予想図程度には成長しません。樹種は一部変更になる場合があります。タイルや各種部材等につきましては、実際と質感・色等の見え方が異なる可能性があります。また、今後変更になる場合があります。
※掲載の敷地配置イラストは設計図を基に作成したもので、形状・色等は実際とは異なります。
※掲載の情報は2022年6月現在のものです。
※1. ABINC認証は、第1回いきもの共生事業所認証~第13回いきもの共生事業所認証の間に認証され、SEGES認定制度は、2005年~2022年9月の間に認定された分譲マンションの中で、同時取得した分譲マンションが本物件が初となります。
※2. MRC調べ:発売が1995年以降2022年7月15日迄の期間内新規発売物件の内、竣工年月が2012年1月~2023年12月迄で住戸での評価のZEHかつ低炭素建築物認定の分譲マンションは杉並区初となります。
※3. 平成25年度省エネ基準による「暖房」「冷房」「換気」「給湯」の基準エネルギー消費量との比較。

物件エントリー

来場予約

現地案内図