日本興和不動産が贈る 資産形成型レジデンス 目指したのは安心です

今住む
利便性

将来の
資産性

all image photo

今は居住用として、将来は資産として。
1LDK“半住半投”のススメ!

“半住半投”とは、自宅として住みながら、将来の売却や賃貸を見据えたマンション購入の考え方。
シングル・DINKS世帯に求められやすい都心の1LDKを、資産として賢い将来設計をはじめませんか。

※掲載のシミュレーションは一例で、将来の資産性を保証するものではありません。

都心で「借りる→買う」へ。
選ぶなら「中央区・勝どき」。

未来へ向けて人口増加が予測される中央区。勝どき周辺でも様々な再開発事業やBRTプレ運行開始(予定)などが推進され、湾岸の新しい生活舞台として発展を遂げようとしています。

中央区の魅力

勝どきの魅力

all image photo

  • ※出典:東京都ホームページ。資料「東京都市町村別人口の予測」(東京都総務局統計部人口統計課/2017年3月)の資料を基に作成。

    2040年まで「人口増加」予測

    東京23区では2030年に人口がピークを迎える予測に対し、中央区では、2040年まで人口増加予測。
    中央区への居住志向は根強く続きそうです。

  • ※出典:2018年地価表示「区市町村別用途別平均価格表(商業地)〈2018年1月1日現在〉」(単位:円/㎡)

    「地価公示価格」23区第1位!

    「リビオレゾン勝どきnex」が位置する中央区は、
    「地価公示価格」で23区第1位の評価。

  • ※画像提供:東京都都市整備局

    山手線駅「新橋」直通。BRT運行開始(予定)

    徒歩4分(上り方面)に新設予定の「勝どきBRT」停留施設から「新橋」「虎ノ門ヒルズ」方面へも直通アクセスできます。

  • 再開発等で進化する、湾岸の新住街区

    勝どき周辺では、再開発等のプロジェクトが推進中。新たな生活舞台として発展を遂げようとしています。

※1:出典/東京都都市整備局の各ホームページ等参照。「豊海地区第一種市街地再開発事業(中央区決定/平成30年3月時点)」「勝どき東地区第一種市街地再開発事業(中央区決定/平成30年3月時点)」等、「晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業」(2020年1月現在)等、「月島一丁目西仲通り地区第一種市街地再開発事業(中央区決定)/平成30年3月時点」「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業(中央区決定)/平成30年3月時点」「都心と臨海地域とを結ぶ東京BRTについて」。

不動産の購入は、
将来の備えや税金対策にもなります。

image photo
家賃収入で老後に備える
公的年金だけで豊かに暮らしていくことが難しいとされる昨今。所有するコンパクトマンションは将来、賃貸運用することで、家賃収入を得ることができ、※1老後の生活に備えにゆとりが生まれます。また、部屋を賃貸借管理サービス会社が借り上げ、第三者に貸すサブリースシステムの活用で、空き家や家賃の滞納不安もなく、定額の賃料をえることができます。※2※1:空き室時や入居者の家賃滞納は除きます。
※2:定額賃料の金額や受領期間などは、契約内容により異なります。
  • image photo
    万一の生命保険代わりに
    もしご契約者に万一のことがあった場合、団体信用生命保険保険でローンを完済されます。加えて相続時に賃貸している場合はさらなる節税効果も期待できます。
    「団体信用生命保険」とは?
    団体信用生命保険とは、住宅ローン返済中に契約者に万一の事態があった場合、残りの住宅ローンが弁済される保障制度です。がん・急性心筋梗塞・脳卒中の3大疾病も保障する「3大疾病保障付機構団体信用生命保険」もあり、お客様のご希望によりご加入いただけます。※詳しい内容は係員までお問い合わせください。
  • image photo
    相続税額が軽減できる
    額面がそのまま評価額となる現金や預金の相続と比べ、土地の評価額は路線価、建物の評価額は固定資産評価に基づき定められています。加えて相続時に賃貸している場合はさらなる節税効果も期待できます。
    必要経費として申告できる!
    不動産所得額として所得税の課税対象となるのは、賃貸による家賃や礼金収入から管理費や修繕費、固定資産税ほか必要経費を控除した額になります。不動産所得額が赤字の場合は、赤字額の給与所得から差し引くことができ、確定申告で所得税還付を受けることができます。 

管理は、コンパクトマンションを熟知した
日鉄コミュニティにおまかせ下さい。

「リビオレゾン勝どきnex」の管理組合の運営は
「管理者管理」方式!
マンションの管理組合運営は、区分所有者(組合員)の中から選出された理事が管理組合の運営を行う「理事会方式」が一般的です。しかし、区分所有者が役員になることで、時間的負担を感じたり、役員改選で組合運営の方針が変わったり等の煩わしさもあります。そこで、管理のプロである管理会社に運営を任せる「管理者管理方式」を採用。適正な管理運営を通じて、マンションの資産価値の維持・向上を図ります。
忙しいから、役員の順番がまわってくるの嫌だな...
ご安心ください!みなさんに代わり、
管理会社の「日鉄コミュニティ」がしっかり運営いたします。
マンションの大切な資産。任せても大丈夫?
私たち、マンション管理のプロ「日鉄コミュニティ」
的確で安定した管理組合運営を行います。
適正な管理運営を通じて、マンションの資産価値の維持・
向上を図ることができます。

連絡窓口1本の「賃貸サポートシステム」

ご連絡窓口1本の「賃貸サポートシステム」 ご連絡窓口1本の「賃貸サポートシステム」

ファミリーマンションと同様の
きめ細やかな管理サービスを提供。

24時間対応で暮らしをサポート「サービスデスク24」。
日常生活で発生するお困りごとやニーズに対応するため、多岐にわたるサービスメニューを、グループ会社の日鉄コミュニティがご用意。24時間いつでも、お電話でご要望をお受けします。
プロによる点検で、住まいに安心を。
水道や電気等のライフラインやエレベータなど、経験と知識の豊富なプロが適宜保守点検を行い、設備の予防保全に努めます。
住まいを美しく保つために、清掃を実施。
共用部のゴミやほこりを取り除く日常清掃と、専門の洗剤や機材を使いフロアを洗浄する定期清掃を実施します。
※マンションにより清掃の部位・仕様・頻度が異なります。
25年~30年先を見据えた長期修繕計画。
経年劣化に対して、外壁や共用設備などのメンテナンス・修繕は不可欠。そこで25~30年先を見据えた修繕計画を作成し、将来的な資産価値の維持にも配慮しています。

売主による
安心のアフターサービス対応

オペレーター(女性)のイメージ写真
image photo
検査をしている男性の写真
image photo
不具合が発生した際には補修を実施。
設備や内装等に不具合があった際には、お引き渡しから一定期間は補修を実施します。当社専門部署が、専用フリーダイヤルにて直接お問い合せにご対応します。
※アフターサービス規準に準じます。
重大な欠陥を無償で補修・賠償。
建物の基礎や柱などの基本構造部分については、購入後に見つかった欠陥であっても無償で補修もしくは損害賠償に応じるよう、法律で定められています。

2019年首都圏1LDK供給戸数
日鉄興和不動産No.1

都市型コンパクトマンション「リビオレゾン」シリーズを供給している
日鉄興和不動産は、2019年の首都圏における1LDK供給戸数で第1位になりました。

来場予約受付再開いたしました。
オンラインによるご案内も
開始いたしました。