カタチにとらわれず、その理想をカタチにしていく。

理想のシングルライフとは?
カタチにとらわれず、
カタチにしていく
住まい提案、次々と。

都市ではいま、自分流のシングルライフを楽しみたいと考える人たちが増え、それぞれが想い描くライフスタイルの理想も多様化しています。
「+ONE LIFE LAB(プラスワン ライフ ラボ)」は、単身世帯のライフスタイルや価値観、未来像をあらゆる視点から考察し発信。
ミレニアル世代の価値観から導き出したアイデアを「素敵なうさぎライフ研究所」によってカタチにし、
一人ひとり、“自分らしく暮らしたい”という想いに寄りそい応える、住まい提案を進めています。

もっと自分らしい住まいへ。
「i-Be2(イビツ)」プロジェクト始動。
自分らしい個性的な生き方を求めるミレニアル世代。均整のとれた汎用性を目指すのではなく、ちょっと“いびつ”でアンバランスな個性を持つ人たちにぴったりな「自分らしい居場所」を作れないだろうか。たくさんのリアルな声を集め、カタチにした住まい、それが「i-Be2(イビツ)」です。

ミレニアルズの基本思想

理想を持ちつつも現実的。経済的、精神的に自立心が強く、地に足の着いた自分なりの判断基準を持つ。
パートナーへの依存意識は弱まりつつあるが、家族や友人との心のつながりを求める気持ちは変わらない。

ミレニアル世代は、
もはや不特定多数に向けて設計された
平均値のもの、ことでは満足しない。
人並みに埋没することで得られる安心感よりも、他人とは違う、アンバランスな自分を肯定し、
自己実現の追求を楽しむことを選択する人たちを応援、サポートする住まいを提供したい。

うさ研では、その取り組みの一貫として、
3人のミレニアルズをピックアップし、
それぞれのライフスタイルにマッチする
プランをご用意しました。

SAORI
体を動かすことが大好きで、生活の中心にスポーツがある人のための家。外で思い切り体を動かす人の活動拠点となるような設計。
  • 家はフィジカルメンテナンスの場。いつでもカラダと向き合いたい。

  • 汗をかいて帰宅、洗濯物はいつも大量。

  • 汚れがひどいものやシューズなどのドロ汚れもたくさん。

AYA
「自宅を仕事場として使う人」のための家。従来のホームオフィスの発想をさらに進化させた、もはや「仕事場に住む」感覚の住まい。
  • 家で仕事をするから仕事モード・家モードを切り替えたい。

  • 家でも仕事の時はしっかり集中。

  • 家で仕事の打合せをするので来客が多い。

MISAKI
都会生活のストレスから解放され、コクーン(繭)感覚で自分に帰る場としての家。家全体で究極のリラックスを得ることを目的に、五感発想でデザインされた空間。
  • 家ではすべてをリセット。スイッチを切り替える。

  • 自然のリズムにココロとカラダを合わせ、五感を研ぎ澄ませる。

  • 最小限の好きなモノで最大限の心地よい暮らし。

sportio[スポルティオ]

生活の中心に
スポーツがある人の
快適な活動拠点に。

体を動かすことが大好きで、生活の中心にスポーツや運動がある人のための住まいをデザインしました。
外で思い切り体を動かす人の活動拠点になるような空間を目指したプランです。

プランのPOINT
玄関横に土間を設け、居室に持ち込みたくない汗や土汚れのウェアなどを入口でシャットアウト。洗面室・浴室へ直結できる快適動線です。洋室とリビングの間仕切りを取る事で、一体空間として広々利用することができます。
1土間スペース
運動して帰宅した際、衣類や運動用具など汚れたものを土足のまま片付けられる土間をご用意。洗濯機も設置できるのでそのまま洗えて便利です。
2スロップシンク
洗面台とは別に「スロップシンク」を設け、汚れたものをその場で水洗い・付け置きできます。
3ナノイー発生機
水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」が消臭効果を発揮します。
4BOLON(ボロン)床
耐久性や耐摩耗性に優れたビニール織物床材「BOLON(ボロン)」を採用。ストレッチ器具も安心して使えます。
5有孔ボード
自宅でも広々とした空間でストレッチやトレーニングをしたいから、床に物を置かない生活へ。小さな穴の空いたボードに棚やフック等を取り付け、小物整理などに有効活用。取り付け位置は自由にカスタマイズできます。
6エキスパンドメタル
ストレッチ用のゴムバンドなど、天井にフィットネス器具を吊り下げて収納。網目状なので、吊るす場所も気軽に変更できます。 ※設置範囲は図面でご確認ください。ご利用方法は係員にお尋ねください。

worcube[ワーキューブ]

自宅兼オフィスの進化系。
仕事とプライベートが融合した
スマートスタイル。

「自宅を仕事場として使う人」のための住まいをデザインしました。
従来の“ホームオフィス”の発想をさらに進化させ、“ワークアズライフ”な日常を実践できるプランです。

プランのPOINT
居室空間から生活感が見えないようにキッチンを配置しています。水回りを集約したことでワークスペースも広がり、寝室との兼用でも充分なスペースを確保しています。
1フロアコンセント
仕事で必要な機器の電源確保。その使い勝手に配慮して、床面に電源コンセントをご用意。壁面まで配線を伸ばす必要がなく、配線コードが床で邪魔になる面倒も軽減できます。
2壁収納
仕事で使う書類や小物を壁面に並べて整理できる収納を設置。空間の有効活用に配慮した仕様です。
3複層ビニル床タイル
針や手芸用品等を落としてもすき間に入らないような床素材を採用。オフィスで活用されている素材で耐キャスター性にも優れています。
4グリーン用下地
仕事場の癒しとしてグリーンを置けるよう下地を設置。壁掛型でスペースをとらずに便利です。
5ナノイー発生機
来客も想定されるワークスペースにはナノイー発生機を設置。消臭効果があるので常に快適です。
6天井吸音板
より仕事に専念でき、プライベートな時間を邪魔しない。上下階の作業・生活音配慮として天井に吸音板を設置しています。

ambientum[アンビエンタム]

ストレスから解放され、
ヒト本来の感覚を取り戻す
リラックスハウス。

都会生活のストレスから解放され、コクーン(繭)に包まれる感覚で自分に還る、やすらぎの場をデザイン。
住まい全体で究極のリラックスを得ることを目的に、五感発想で設計された空間です。

プランのPOINT
光をたくさん室内に取り込めるよう、リビング・ダイニングは洋室の間仕切りを取り、くつろぎスペースを窓側に配置。水回りを集約することで居室空間にゆとりを創出しました。
1アール壁・天井
まるで「繭」の中にいるような、角のない柔らかな印象の天井・壁面コーナーに。部屋全体に包み込まれるような安心感が生まれます。
2天然素材の床
木目を際立たせたエイジング仕上げのフローリングです。自然に近い素材を採用することで、よりリラックスムードを高めます。
3天然素材の壁・天井
調湿性に優れた壁面素材。けいそう土の仕上げ材を使用することでより自然に囲まれた空間となるよう配慮しています。
4グリーン用下地
お部屋の中でも緑に囲まれる空間づくりができるように、あらかじめ壁面の一部に下地をご用意しています。
5人工天窓
天窓がつけられないマンションに人工の太陽光とリアルな蒼天を再現。日中はオフィスで太陽光の心地よさを感じづらい環境の人も家の中でリフレッシュできます。

来場予約受付再開いたしました。
オンラインによるご案内も
開始いたしました。

※掲載の間取りイラストは計画段階の図面(Bタイプ/有償メニュープラン)を基に描き起こしたイメージで、実際と異なります。住戸内の家具・調度品・照明等は販売価格に含まれておりません。各メニュープラン・有償オプション等は申し込み期限がございます。
※掲載の参考CGは仮想図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。
住戸内の家具・調度品・照明等は販売価格に含まれておりません。尚、各計画内容・スケジュール等は今後変更となる場合がございます。