• トップ
  • 資産性
  • 共働き夫婦の日本橋鞍掛ライフ
  • アクセス
    • 東京駅1.5km圏×14駅23路線
    • 徒歩4分以内×4駅4路線
    • アクセスシミュレーション
  • ロケーション
    • 鞍掛橋エリア×三越前・人形町エリア
    • 東京の未来を変える大規模再開発
    • 良質な子育て環境×23区No.1の中央区
    • ライフインフォメーション
  • デザイン
  • 間取り
  • モデルルーム
  • 設備・構造
  • コンセプト
    • 交通の起点×時代の起点
    • 伝統美×現代美
    • 全戸南西向き×角住戸率50%
  • 事業主紹介

SPECIAL CONTENTS日本橋老舗ブランドとの競演。

日本橋
日本橋老舗ブランドトップインタビュー
[第2回] 株式会社 榛原 日本橋本店  広報 学芸員 中村 陽子 氏

伝統的技法と最新の建築技術を掛け合わせて

2015(平成27)年5月、永代通りと中央通りが交差する超高層ビルの敷地内に新店舗が竣工しました。外観にはオリジナルの色硝子をモチーフにした3Dカワラブリックで壁面を構成し、日照や照明によって菱形文様が多様に変化します。これには最新のデジタル技術と煉瓦職人や瓦職人による伝統的技術が活かされています。外観だけでなく内装にも同様に、伝統的技法と最新の建築技術を取り入れました。おかげさまで新店舗は2016年度グッドデザイン賞を受賞しています。
今回のお話しをいただき、プロジェクト(=「リビオ日本橋鞍掛ザ・レジデンス」)の資料を拝見して「伝統美×現代美」というデザイン・コンセプトを知り、榛原の新店舗の設計デザインの考え方と相通じるものがあるなあと強く感じました。

商品も、伝統を活かしつつ、現代に合う変化を

江戸期、明治・大正期、昭和期、そして平成の現代と、いつの時代にあっても、榛原には世相やお客様を把握しつつ、求められる商品づくりにチャレンジしてきた歴史があります。それは、手紙を書く、文章を書く、お祝いする、贈答するといった日本の変わらぬ文化を受け継ぎながら、伝統と新しさを共存させていく歴史でもありました。例えば、千代紙は、柄が他にないオリジナルを主として、多くは明治・大正期にデザインされた昔ながらの日本のモチーフを使っていますが、その配図・配色にはアール・ヌーヴォーやアール・デコの影響を受けているものもあり、古さを感じさせないモダンなイメージが今も人気を博しています。

日本橋という街のためにできることは何でも

日本橋という街への想いはもちろん強くありますが、だからといって肩肘張っているわけではありません。ご縁があって、この地で長く商売をさせていただき、地元の方々にも大切にしていただいて今がありますから、これからも日本橋の街を構成する一員でずっとあり続けたいと思いますし、日本橋がいい街であり続けるために、榛原ができることがあれば、どんなことでもご協力させていただきたいとも思っています。
榛原に限らず、日本橋の老舗というと、敷居が高い印象をもたれることが少なくないのですが、多くの老舗さんは自分たちは格式が高いと思ってもいません。逆に、肩の力が抜けた柔らかさ、おおらかさが共通した特徴になります。
お近くの商店街や文房具屋さんに行く感覚で、日本橋や榛原にお気軽にお立ち寄りいただけたら、うれしいです。

日本橋に住むという新しいライフスタイル

再開発もあって、この界隈はとても様変わりしました。現在進行形で再開発が動いている地域もありますので、この先も大きく変わっていくことでしょう。どうしても仕事をしている場所なので、住むということで日本橋を意識したことはないですが、確かに生活の場としても素敵なエリアだなあと思います。自然も結構残っているし、公園もあるし、ちょっと歩けば、夏目漱石の碑があったり、偉人の生誕の地の名残があったり、ほんとに歴史と現代がつながっている街といえます。長く続いているお店が今も自然体で日本橋という街の暮らしに根付いているのも魅力のひとつです。日本橋に住むということは、おそらく他のどの街にもない日常生活が体験できるような気がします。

株式会社 榛原 〒103-0027東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー TEL 03-3272-3801営業時間/10:00〜18:30(土・日10:00〜17:30) 定休日/祝日・年末年始・お盆
[第1回] 株式会社 伊場仙 取締役社長 吉田 誠男 氏
[第3回] 株式会社 江戸屋 代表取締役 濱田 捷利 氏
[第4回] 株式会社 小宮商店  代表取締役 小宮 宏之 氏
[第5回] 株式会社 江戸切子の店 華硝 取締役 熊倉 千砂都 氏
[第6回] 株式会社 マルニ木工 代表取締役社長 山中 武 氏
[第7回] ブルーミング中西株式会社  取締役社長 中西 一 氏
[第8回] 株式会社 川上商店  代表取締役社長 川上 孝幸 氏
スペシャルコンテンツトップへ戻る
  • 共働き家族が輝く日本橋鞍掛時間
  • 日本橋初!老舗ブランドとの競演
  • Livioシリーズ ご入居様 REAL VOICE
お問合せは/「リビオ日本橋鞍掛 ザ・レジデンス」販売準備室 0120-178-866
お問合せは/「リビオ日本橋鞍掛 ザ・レジデンス」販売準備室 0120-178-866
  • [売主]新日鉄興和不動産
  • [販売提携(代理)]野村不動産アーバンネット

Copyright © NIPPON STEEL KOWA REAL ESTATE CO., LTD. All Rights Reserved.

PAGE TOP