• トップ
  • コンセプト
  • アクセス
  • ロケーション
  • 文教立地
  • デザイン
  • 間取り
  • モデルルーム
  • 設備仕様
  • 事業主紹介

設備仕様

設備仕様
  • 設備・仕様
  • セキュリティ
  • 構造
快適で安心の暮らしをお届けするために
杭基礎工法

地表面から約40mの安定した支持層へ杭を打ち込み、建物を強固に支持。建物の安定性を高めることで高い耐震性を実現しました。

杭基礎工法
ダブル配筋(主要構造部)

格子状に編んだ鉄筋を主要構造部となる床・壁に2列に組み入れ、建物の構造体をより堅固にするダブル配筋を採用。

ダブル配筋(主要構造部)
二重床・二重天井

床には床面と床スラブとの間に緩衝空間を設けた二重構造を採用。空気層を挟んでクッションゴム付きの支持脚で床材を支える構造に加えて、床スラブのコンクリート厚は約200〜230mmを確保。フローリングの床衝撃音は⊿LL-(Ⅱ)-3等級(メーカー表示)を採用しました。

二重床・二重天井
外壁

外部に面する躯体コンクリート壁厚は約150〜180㎜を確保しています。さらに、発泡ウレタンを吹き付けることにより、断熱性を確保しています。

外壁
溶接閉鎖型フープ筋(一部)

継ぎ目をなくし、均一な強度を実現した溶接閉鎖型フープ筋を採用。一般の帯筋に比べて補強効果が高まり、柱の耐震性を向上させます。

溶接閉鎖型フープ筋(一部)
耐久性に優れたコンクリート

構造強度と耐久性に配慮して、主要構造部には設計基準強度約30〜約45N/m㎡のコンクリートを使用しています。※1

耐久性に優れたコンクリート

※1 N/m㎡(ニュートン)=コンクリートの強度の単位:1N/m㎡=約10kg/1c㎡のことで、1c㎡に約10kgの力が加わっても壊れない強度のこと。数値が大きいほど耐久年数が長くなります。※Fc=設計基準強度。※外構等に使用しているコンクリートは除きます。

劣化対策等級 最高等級「3」

住宅性能表示制度における劣化対策等級において、最高等級となる「3」を取得。主要構造部に3世代のロングライフを念頭に置いたコンクリートを採用しています。

劣化対策等級 最高等級「3」

※通常想定される自然条件及び維持管理の条件の下で3世代(概ね75年~90年)まで、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策が講じられていることを意味します。

防音サッシT-2(30等級)

サッシは、音域500Hzの音を約30dB下げる性能を持つ防音サッシT-2(30等級)を採用。外部からの音の侵入を低減します。

防音サッシT-2(30等級)
  • 設備・仕様
  • セキュリティ
  • 構造
緑潤う文教色豊かなロケーション。 両国小学校、両国中学校が通学区。<文教立地ページを見る>緑潤う文教色豊かなロケーション。 両国小学校、両国中学校が通学区。<文教立地ページを見る>
BACK
  • 資料請求はこちら
  • 来場予約はこちら
お問い合わせは「リビオ両国 ザ・レジデンス」マンションギャラリー 0120-659-025

Copyright © NIPPON STEEL KOWA REAL ESTATE CO., LTD. All Rights Reserved.