現地周辺航空写真

現地周辺航空写真

現地周辺航空写真

現地周辺航空写真

再開発で魅力を増す
「所沢」駅前エリア。

「所沢」駅周辺を中心に、再開発事業による新しい街づくりが進む所沢。駅ナカの大規模商業施設「グランエミオ所沢」は、所沢の玄関口にふさわしく新しい賑わいを見せ、駅前からはじまる「所沢プロペ商店街」や「所沢ファルマン通り商店街」などの商店街も充実。「リビオ所沢」は、この未来を見据えた躍動感あふれるエリアの一画に誕生します。

所沢東町地区第一種市街地再開発事業

所沢東町地区
第一種市街地再開発事業

商業施設が多数入店予定の29階建てタワーマンションが建設中。広場やオープンスペースが地域の交流を促し、銀座通りの入口でもあるファルマン通り交差点の風景が新しく生まれ変わります。(2021年度完了予定)

所沢駅西口土地区画整理事業

所沢駅西口土地区画
整理事業

西武鉄道所沢車両工場跡地を含む約8.5haもの広大な敷地で進行中の「所沢駅西口土地区画整理事業」。将来的に商業・サービス・教育・文化などの機能が整備される予定で、様々な施設が集う駅周辺の利便性が、さらに高まっていくことが期待されます。

所沢駅西口北街区第一種市街地再開発事業

所沢駅(約750m/徒歩10分)

所沢駅西口北街区
第一種市街地再開発事業

「所沢」駅西口、西武百貨店の裏手には、29階建てタワーマンションが建設中。ペデストリアンデッキで駅と直結し、1階・2階には銀行や郵便局、飲食店などの商業施設が順次オープン予定。(2021年6月完成予定)

「所沢」駅東口に「グランエミオ所沢」が2020年にオープン。

西武鉄道沿線で展開される商業施設「エミオ」の中でも、より高い付加価値を持つ「グランエミオ所沢」。駅ナカでありながら全125ものテナントを有しており、ファッションやグルメ、雑貨など日々の暮らしを彩るショップが揃っています。

グランエミオ所沢

グランエミオ所沢(約750m/徒歩10分)

主なテナント

■スターバックス ■L’OCCITANE ■URBAN RESEARCH DOORS ■ユニクロ ■TSUTAYA BOOKSTORE
■カルディコーヒーファーム ■マクドナルド ■ザ・ガーデン自由が丘 ■KEYUKA ■GLOBAL WORK
■NATURAL BEAUTY BASIC ■REGAL SHOES ■Afternoon Tea LIVING
■所沢市役所 所沢駅サービスコーナー/パスポートセンター

西友 所沢駅前店(約750m/徒歩10分)

西友 所沢駅前店(約750m/徒歩10分)

西友所沢駅前店

日常の食料品から薬・日用品、ファッションまで幅広品揃えのスーパー。1階・地下1階の食料品フロアは早朝6時30分から深夜1時まで営業。通勤時や仕事帰りなど、時間を気にせず買い物ができるので安心です。

ワルツ所沢・西武所沢S.C.(約730m/徒歩10分)

ワルツ所沢・西武所沢S.C.(約730m/徒歩10分)

西武所沢S.C.・ワルツ

西武所沢店が「西武所沢S.C.」と名称変更して2019年9月にリニューアル。その西武所沢S.C.と個性的な専門店が集まる「ワルツ所沢」で構成。ビックカメラやロフト、無印良品など大型店舗も充実しています。

所沢プロペ商店街(約440m/徒歩6分)

所沢プロペ商店街(約440m/徒歩6分)

徒歩10分の道のりに商業施設が充実。
「プロペ通り商店街」。

所沢は日本の航空発祥の地であることから、プロペラに因んでつけられて名前が印象的な商店街。「所沢」駅前から続く全長約300mの通りには、飲食店をはじめ、ドラッグストアや美容院、クリニック、アミューズメント施設など、多彩なショップが連なり、活気にあふれています。

プロペ商店街MAP

再開発が進む所沢の一角に、昭和の香りを残す「盃横丁」。

現地前の銀座通りに面して入口があり、バーや居酒屋など20店舗以上が軒を連ねる、昭和のムードあふれる小路。ビートルズが聴ける 居酒屋など、マニアックなお店も並び、懐かしい映画スターが描かれた看板も印象的。歩くだけでタイムスリップした気分になれます。

盃横丁MAP

深夜1時まで営業の
「マルエツ」まで歩いて2分。

所沢駅から「リビオ所沢」までのルート上には、深夜1時まで営業しているスーパー「マルエツ 所沢御幸町店」が。仕事帰りや日々の食材のお買い物に便利です。

マルエツ

マルエツ 所沢御幸町店(約100m/徒歩2分)

ヤオコー

ヤオコー所沢有楽町店(約440m/徒歩6分)

所沢まちづくりセンター

所沢まちづくりセンター(中央公民館)(約310m/徒歩4分)

所沢図書館所沢分館

所沢図書館所沢分館(約260m/徒歩4分)

ニトリやヤマダ電機が入った大型商業施設
「トコトコスクエア」が2020年にオープン。

トコトコスクエア

トコトコスクエア(約390m・徒歩5分)

■ヤマダ電機(家電量販店)
■オーケー(スーパーマーケット)
■MrMax(ディスカウントストア)
■セリア(100円ショップ)
■わくわく広場(産地直送所)■ニトリ(インテリア)■サガセン(メンズ)■お茶のはなさき(お茶)■はま寿司(回転寿司)■からあげ緑(から揚げ専門店) ■テルル(携帯ショップ)■ママのリフォーム(洋服のお直し)■ウィンリペア(くつ修理・合鍵)■ところ接骨院(接骨院)■ムサシノクリーニング(クリーニング)※店舗は一部です。

所沢航空記念公園概念イラスト

所沢の緑のオアシス「所沢航空記念公園」。

日本の航空発祥の地として知られる所沢の街の個性を象徴する「所沢航空記念公園」。
広大な敷地内には記念館だけでなく、野球場や子ども広場、スポーツ広場、文化センターなど様々な施設が揃い、
市民の憩いの場として多くの人に親しまれています。

所沢航空記念公園(約730m/徒歩10分)

所沢航空記念公園(約730m/徒歩10分)

Image Photo

Image Photo

所沢航空記念公園(約730m/徒歩10分)

所沢航空記念公園(約730m/徒歩10分)

自然豊かなレジャースポットや話題の新施設まで車で30分圏内。

KADOKAWAよる新しいポップカルチャー発信拠点「ところざわサクラタウン」、5月に新しくリニューアルされた「西武ゆうえんち」、 お馴染み埼玉西武ライオンズの本拠地「メットライフドーム」など、多彩なレジャースポットへ気軽に出かけられる魅力のロケーションです。

Image Photo

Image Photo

都心まで電車で30分圏内の「所沢」。

西武池袋線急行利用なら、ビッグターミナル「池袋」駅まで直通23分。
「新宿」駅へは「池袋」駅で1度乗り換えても28分。都心のビッグターミナルへ30分かからずにアクセスできます。
また「所沢」駅東口からは、羽田・成田の両空港行きのリムジンバスも運行。毎日の通勤や通学をはじめ、
出張や旅行など、都心方面のお出かけを軽快にサポート。暮らしに心地よいゆとりが生まれます。

アクセス概念図

関東ローム層の強固な地盤を有する
「武蔵野台地」に立地。

所沢周辺は遙か昔には海の底であった時期があり、海の時に積もった砂や泥、 そして陸の時に積もった富士山や八ヶ岳などの噴火による火山灰などが堆積して関東ローム層となり、武蔵野台が形成されました。 上層でも約1万前の長い歳月が経過しています。都心部に比べて強固で安定した地盤といわれており、「リビオ所沢」はその武蔵野台地のほぼ中央にあたります。

出典:ジオテック株式会社HP

埼玉県の地盤概念図

埼玉県の地盤概念図

埼玉県の液状化リスク(出典:埼玉県公式HP)

埼玉県の液状化リスク(出典:埼玉県公式HP)

所沢市は埼玉県の中でも
液状化リスクが低い地域。

液状化しやすいエリアでは、地震の揺れが大きくなくても液状化が発生する可能性が高くなります。 埼玉県では、荒川や中川が流れる東部に低地が広がっており、相対的に液状化しやすいエリアといえます。これに対して、 山の多い西部では全体的に液状化が発生しにくく、所沢市も全域で液状化しにくいエリアに含まれます。

出典:埼玉県公式HP

リビオ所沢の現地周辺は
東川氾濫時の浸水リスクが低いエリア。

所沢市ホームページの「浸水シュミレーション」を行った結果、仮に大雨により東川が氾濫した場合、 「リビオ所沢」の現地前あたりが浸水する可能性はありますが、予想される水深は0.0~0.5m未満の浸水区域との境界にあたりますので、 浸水のリスクは低いと予想されます。

出典:所沢市公式HP

東川氾濫時の現地周辺の浸水シュミレーション(出典:所沢市公式HP)

東川氾濫時の現地周辺の浸水シュミレーション(出典:所沢市公式HP)

立地概念図

立地概念図

寿町内における水害の発生回数は、
過去30年間で5回。
小金井街道の南側では一度もありません。

所沢市ホームページの「所沢市水害履歴」を見ますと、1989年から2020年まで過去30年の間に、 寿町内で5回床下浸水が記録されています。しかし、いずれも寿町26および27番地であり、 「リビオ所沢」の前面道路にあたる銀座通りの北側の住宅で発生しています。

出典:所沢市公式HP

※掲載の航空写真は2020年7月に撮影したものにCG加工を施したものです。
※掲載の写真は2020年7月に撮影したものです。
※掲載の距離はすべて現地からの概測距離で、徒歩分数は1分80mで算出しています。
※掲載の概念図は計画概要を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。また、計画の内容は今後変更になる場合があります。