【公式】リビオレゾン上野 | JR山手線「上野」駅徒歩4分。1LDK・3LDKの新築分譲マンション。

Image photo
Image photo

資産価格が下がりにくい駅徒歩5分以内のマンション

東京23区築10年中古マンション最寄駅からの
所要時間別リセールバリュー。

東京23区、築10年の中古マンション市場では、駅から離れるほど資産価値が下がり、駅徒歩5分圏内のマンションのリセールバリューが最も高いという結果が出ています。特に「リビオレゾン上野」は駅力の高い「上野」駅徒歩4分であるため、価値の下がりにくいマンションといえるでしょう。
※2006年4月~2009年3月に新規分譲され、2017年4月~2018年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出※専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外 ※東京カンティ調べ
資産価格が下がりにくい駅徒歩5分以内のマンション

ビッグターミナル駅最寄りでありながら
お手頃な上野界隈のマンション

山手線の各駅より 徒歩10分以内の平均坪単価比較。

過去5年に、「上野」駅徒歩10分圏内に販売された新築分譲マンションの平均坪単価を基準値の「100」と設定し、同じ条件で山手線の他駅で販売されたマンションの数値を比較しました。
※MRCデータ(~2017年12月)より
2013年~2017年の供給物件から徒歩10分以内の物件にて(株)インターブレインズが抽出
山手線の各駅より 徒歩10分以内の平均坪単価比較。

通勤路線35路線・581駅の駅力総合ランキング(1〜20位)

上野は全581駅中総合「第3位」 JR山手線の駅では「第2位」

各駅半径1km圏の人口数・増加率・借家世帯数・増加率・平均年収・商業集積度・1R賃貸マンション賃料相場・特急急行停車の有無・乗り入れ路線数を点数化、それに沿線力を基礎点として加えて駅力ランキングを算出したところ、上野駅は第3位となりました。
(株)トータルブレインデータより(2018年6月現在)
勤路線35路線・581駅の駅力総合ランキング(1〜20位

売主別中古騰落率ランキング

「リビオ」シリーズを中心としたマンション開発を手がける新日鉄興和不動産では「売主別中古騰落率ランキング(2017年公表版)」で2016年に続いて
2017年も2年連続で1位を獲得いたしました。立地の希少性と完成した物件に対する品質評価が中古市場で再度高く評価された結果です。
売主別中古騰落率ランキング
※(出典)住まいサーフィン「売主別中古マンション価格騰落率ランキング(2017年公表版)」(スタイルアクト株式会社・東京都中央区・代表取締役・沖有人) ※中古騰落率/新築販売時と中古売り出し時のマンション価格を比較し、価格が上がったか下がったかを 1年当たりの%で表現したもので、新築マンションの「資産価値」を示しています。  計算方法:(2016年7月から2017年6月のマンション価格-新築時のマンション販売価格)÷築年数
日本の住まいに「安心と先進」を。私たちは新日鉄興和不動産です。
2017年8月竣工

人と向き合い、街をつくる。
積み重ねた、多彩な実績。

私たち新日鉄興和不動産は、みずほグループと新日鐵住金グループとの強固なパイプを基盤とし、住宅事業とビル事業というストック事業とフロー事業を両輪にバランスのとれたポートフォリオを持つ総合デベロッパーです。赤坂や品川など東京都心での「インターシティ」シリーズを代表とするオフィスビルの開発・賃貸、「リビオ」「リビオレゾン」シリーズに代表される分譲マンションの開発、都市部の市街地再開発・等価交換、老朽マンションの建替え、外国人向け高級賃貸マンション「ホーマット」シリーズ、地方都市開発、物流施設開発など、幅広い事業領域、開発ノウハウを持っています。

赤坂インターシティ AIR

赤坂インターシティ AIR 2017年8月竣工
2017年8月竣工

赤坂インターシティ AIR

赤坂インターシティ AIR 2017年8月竣工

品川インターシティ

品川インターシティ1998年11月竣工

武蔵浦和スカイ&ガーデン

武蔵浦和スカイ&ガーデン2016年3月竣工

AKASAKA INTERCITY AIR

「都市型プロジェクト」を中心に
幅広いエリアニーズにお応えする「Livio」。

今も未来も豊かに住み続けることのできる「安心」と、多様な暮らしのニーズに応え続ける「先進」。私たちのブランド「Livio」は、設計・施工からアフターサービスに至るまでを一貫して考える「確かな品質」と、歳月を超えて長くその価値を保つ「永続する価値」、そしてその価値をカタチに変えるためのさまざまな試み「住まいの価値創造」をコンセプトに創造されています。また、都市型コンパクトシリーズ「リビオレゾン」の展開など、多彩なライフスタイル、さまざまなニーズにお応えできることも、私たちの強み。その姿勢は、数々のグッドデザイン賞受賞や、2年連続で「資産価値の下がらないマンション」第1位※を獲得するなど、意匠性・資産性両面で高い評価を受けています。
※(出典)住まいサーフィン「売主別中古マンション価格騰落率ランキング(2016年・2017年公表版)」
リビオレゾン大手町
2014年2月竣工
リビオ東京日本橋
2014年2月竣工
グランリビオ ザ・レジデンス
2018年3月竣工

ご入居後のアフターサービス、
管理も、当社総合力を活かして対応。

2年連続で「資産価値の下がらないマンション」第1位の背景には、住まいそのものの品質はもちろん、当社専門部署が専用フリーダイヤルにて直接ご対応するアフターサービスや、100%子会社である日鉄コミュニティによる、グループ会社ならではのご安心いただける管理体制などが支えています。日々の心地よさを生み、その価値を長く維持するための品質。それが、新日鉄興和不動産がご提供する住まいです。