Design

エントランス完成予想CG

Concept

都心の喧噪や
日々のビジネスシーンの緊張感の中で
アクティブに過ごす多くの方々のために、
肩の力を抜き、心までくつろげる空間として
「リビオレゾン上野入谷ザ・テラス」を
プランニングしました。
コンセプトは『Do Relax』 。
生活の隅々に、日々の様々な時間に、
そのすべてにリラックスのある暮らし。
自分らしく、私たちらしくDo Relaxをはじめましょう。

Lounge

『もうひとつのリビング』として、リラックスを楽しむカフェラウンジ。
ラウンジ完成予想CG

“ほっとくつろげる時間が生み出す、心地よい幸福感”を育む「ヒュッゲ」思想を持つ、ノルウェーのフグレンコーヒーとコラボし、1階エントランスホールサイドにカフェラウンジを設けました。忙しい毎日の中で、「リビオレゾン上野入谷ザ・テラス」に暮らすすべての方が、ひと息ついてリラックスできる空間、カフェのような使い方を実現。フグレンによる空間デザインにとどまらず、フグレンのオリジナルコーヒーが楽しめるセカンドリビングです。

all image

※実際に設置される家具・アートは変更となる可能性があり、また一部はヴィンテージ家具を採用するため、傷等がありますので予めご了承ください。

1963年、オスロから始まったFUGLEN。
2018年9月には日本国内2号店FUGLEN ASAKUSAをオープン。
ノルウェー語で鳥を意味するFUGLEN。ロゴマークの鳥はアジサシという渡り鳥です。1963年オスロに誕生したFUGLENは、時代とともに進化を遂げ、コーヒースタンダードを高めてきました。そして2012年渡り鳥は東京に降り立ち、海外進出第一号店を渋谷にオープン。続いて2018年9月、浅草寺の近くにFUGLEN ASAKUSAをオープンしました。ノルウェーのコーヒー文化を受け継ぎ、店内装飾は100%ノルウェーのヴィンテージデザイン。古いモノを大切にしながらも新しい文化を取り入れ、そして「ずっと前からそこにあったような」どこか懐かしい雰囲気があるFUGLEN OSLOのテイストをそのまま表現しています。

Facilities

自宅から独立した『もう一つの個室』があるライフスタイル。
トレーラーハウス(住箱)周辺完成予想CG

近年、北欧のトレンドであるアウトドアの外気に触れ、リラックスするライフスタイル「フリルフスリフ」。この「フリルフスリフ」に発想を得て、新国立競技場などを設計した隈研吾氏デザインによるスノーピーク社製トレーラーハウス「住箱」を分譲マンションとしては初導入しました。自宅と職場の往復になりがちな毎日の中で、“篭ってリラックスできるプライベートスペース”として利用できる空間です。時間貸しの個室としてホームシアター、読書、ワークスペース、キッズスペースなどそれぞれの自由な発想で使い方が広がります。

スノーピーク社製トレーラーハウス「住箱」参考写真

こんな使い方も可能です。

  • 映画や音楽を楽しむ
    シアタールーム

  • 気の合う仲間とワイワイ
    過ごすパーティルーム

  • 忙しいビジネスマンの
    SOHOスペース

  • 家族で過ごす
    プレイルーム

all image

※設置される備品・設備は一部変更となる場合がございます。※利用の際は管理規約による制限があります。詳しくは係員までお尋ねください。

Entrance

エントランスから始まる
リラックス。
豊富な緑が出迎えるエントランスは、アプローチにシックな色合いのタイルを敷き詰め、壁面には風合い豊かなグレーベージュのタイルを、そしてエントランス全体を引き締める重厚な庇をデザイン。外からエントランスに足を踏み入れるとリラックスとくつろぎが、住む方を包み込みます。
エントランス完成予想CG

Facade

この街のランドマークとなるタワーフォルム。
地上15階建てのタワーフォルムで誕生する「リビオレゾン上野入谷 ザ・テラス」。ガラス手摺・たて格子手摺のバルコニー、格子ルーバーを多用した美しい外観が描く多彩な表情が、街並みに映え、入谷の新しい景観としてひときわ個性を輝かせます。
外観完成予想CG

Landscape

三方向が道路に面した
独立性の高い立地。
「リビオレゾン上野入谷 ザ・テラス」は、言問通りから離れた入谷の静かな住宅街の一画に位置します。三方向が幅員約6mの道路に面しているため独立性が高く、自然の太陽の光や風の流れが届きやすい優れた立地性を確保しました。
※掲載のイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。
※方位記号は若干誤差があります。正確な方位については設計図書でご確認ください。
ARCHITECT
株式会社南條設計室代表取締役所長南條 洋雄Hiroo Nanjo

東京大学工学部都市工学科卒業。海外での設計事務所勤務を経て、1985年株式会社南條設計室を設立。日本建築家協会理事、千葉大学工学部非常勤講師を歴任する。集合住宅や公共施設の設計、街づくりのデザインに従事。グッドデザイン賞をはじめ首都圏優秀マンション表彰・優秀賞など数々の受賞歴を持つ。

※掲載の完成予想CG及びイメージイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので形状、色等は実際とは異なり、今後施工上の理由等により計画に変更が生じる場合があります。また、外観形状の細部、設備機器、敷地外の周辺の電柱、標識等の表現を簡略化しています。植栽は、実際に植樹する樹形、枝ぶり、葉や花の色合いとは異なる場合があり、特定の季節の状況を示すものではありません。また、竣工時に完成予想CG程度には成長しておりません。予めご了承ください。※注釈の記載のない掲載写真はすべてimage photoです。